​高松宮賜杯第66回全日本軟式野球大会(2部)新潟市予選会

「天皇賜杯大会」に次ぐ権威ある大会。競技人口の多いCクラスの大会でレベルもBクラスにも劣らないチームが出場する。
本大会で優勝・準優勝したチームは、次年度よりクラスが昇格し、Bクラスの大会出場資格が与えられる。
開催地は毎年各都道府県で持ち回りとなっている。
第1回大会は昭和32年。第3回昭和34年に高松宮杯が下賜された。
第64回大会は新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった。
期 日   令和4年5月3日から5月5日
会 場   白根野球場
大会規定  新潟市予選会代表2チームが県大会へ出場
      全試合7イニングで実施する
      延長戦は2イニング実施する
      決着がつかない場合はタイブレーク方式で決着がつくまで繰り返す 
      5回以降7点差以上の得点差でコールドゲームを適用する
大会使用球 ダイワマルエスボールM号
県大会   5月28日29日 小千谷市
北信越大会 7月2日3日 福井県
全国大会  9月10日から12日 宮城県
​カテゴリー 連盟加盟Cクラス

組み合わせ決定!

2taka0421.jpg

会場案内図