学童野球指導者公認資格制度義務化について

公認資格と大会参加条件対比表
学童野球の指導者は、目まぐるしく変わる社会情勢の中で、多様なニーズに応えていかなければならなくなってきました。

 こうした学童野球の指導者に対し、全日本軟式野球連盟(全軟連)では、学びの場と環境を提供し指導力の向上を図るため、公認指導者制度を設け、2024年から義務化をすることといたしました。

 一貫したカリキュラムにより指導者養成することで、次世代を担う子供たちに野球の楽しさを伝え、障害から守り、すそ野を広げることが期待できるようになります。

 学んだことの証がライセンス(資格)になります。これにより指導者の位置づけが明確になり、社会的な信用も得られることになります。

2 各資格の取得方法

① JSBB公認学童コーチ

 

② JSPO公認コーチ1

   

    

 

     

   

 

 

   

 

 

 

   

(1)全軟連が主催する、公認学童コーチ養成講習会(オンデマンド形式)を受講する。

   ※2021年7月開始予定

(2)BFJ主催の野球指導者講習会、U12指導者資格コースを受講する。

JSPOとJSBBが主催し、県スポーツ協会と新潟県野球連盟が主管する、公認コーチ1

養成講習会を受講する。

   

 

〇共通科目:35時間(NHK通信講座)

〇専門科目:40時間

 

会場:ハードオフエコスタジアム会議室

5月10日までに新潟県野球連盟に申し込む

JSPOとJSBBが主催する、公認コーチ3養成講習会を受講する。
4月2日までに、JSPOのホームページから申し込む。

新潟県スポーツ協会が実施する、養成講習会を受講する。

    新潟市会場:10月2日(土)

    長岡市会場:11月14日(日)

(スポーツ少年団)

   

(集合研修 11月20日・21日・27日・28日)

 

BFJが主催する、野球指導者講習会のU12指導者資格コースを受講する

③ JSPO公認コーチ3

 

④ JSPO公認スタートコーチ

 

⑤ BFJ公認野球指導者基礎Ⅰ(U12)

 

  • google-plus-square
  • Twitter Square
  • facebook-square